沿革

彫刻棟 彫刻科の歴史においてその礎となった東京美術学校は岡倉天心及び
アーネスト・Fフェノロサらの熱心な芸術教育運動により、
明治20年わが国唯一の官位美術学校として開設されました。
当初は普通科と専修科が設置されており専修科の中に彫刻科(木彫)
として置かれるという形で本科の歴史が始まりました。
その後、明治32年に塑像科が増設され昭和24年、
学生改革により東京藝術大学となり新制大学として再出発しました。
現在の上野校地の彫刻棟は昭和46年に施工され、
昭和52年には美術研究科博士課程が開設、
平成3年の取手校地開設に伴い本学科の大学院、
博士の一部が制作活動を展開しています。
また平成9年度より学部1年生も取手校地にて学習する事となり、
2004年4月1日から国立大学法人化され、
国立大学法人東京藝術大学となりました。

Development

The Tokyo Fine Arts School, Japan's first government school in the field of fine arts, was founded by OKAKURA Tenshin and Ernest F. Fenollosa in 1887. The school had two courses, general and special. Woodcarving was studied as part of the special course and clay modeling was added to this in 1899. With the reform of the education system in 1949, the school made a new start by changing its name to the Tokyo National University of Fine Arts and Music. The present Sculpture Department's building was built in 1971, and since the Toride Campus opened in 1991 some graduate students and all freshman students (since 1997) work there as well. A doctoral course was established in 1977.

教育研究理念

彫刻科では、幅広い造形の研究に重点をおき、過去の美術の歴史を理解し、
現在の状況を的確に判断し、将来の美術を展望できるような
豊かな感性を持つ人材の養成が重要と考えている。
将来作家として独創性あふれる自由な創作活動が行え、
又美術にかかわる諸分野での指導的役割が
果たせるような人材の養成に努めている。
現代の新しい感性と彫刻の創造に資する多様な能力の人材確保のため
入学者選抜方針として造形力、
構成力、表現力など美術全般の基礎能力と立体表現基礎能力の
考査を行い、学力試験の結果も求め幅広く総合的に判断し、
感性豊かな人材が入学できるように考えている。
そのためには、安易に時流に流されることのない
地道ではあるが確固とした信念の元での研究教育が必要である。
日本美術の伝統を踏まえつつ世界に視野を広げ、
来るべき時代の美術、彫刻の可能性を探っていくことのできる、
独創的かつ創造性あふれる人材を養成することを、教育研究理念としている。

Educational Philosophy

The education at the Sculpture Department is based on a wide range of studio work fostering young talents who would explore their creativity as artists and as leaders in the related field. We believe it is important that students learn from the art of the past to have a clear vision of our time and the future. The world has become a place of increasingly complex values and it is necessary that the education be steady and firm, not easily swayed by current trends. A global view is also essential as the world gets closer with the use of electronic communication and the further cultural exchange this has induced. Re-examining our inherited culture and re-confirming its value are equally important.

Copyright(C)2003-2017.Tokyo University of the Arts Department of Sculpture