展覧会情報

県北芸術祭 芸大子アートプロジェクト[彫刻チーム]

2016年10月17日

県北

「大子町の彫刻展」

 

東京藝術大学彫刻科、シラパコーン大学彫刻科のメンバーによる作品の交流展覧会を旧初原小学校と奥久慈茶の里公園にて行います。それぞれの作家が舞台となる空間やそこにある背景について考え、作品を制作し展示します。

 

【会期】   2016年9月17日(金)-11月20日(日)

 

【展示会場】

⑴旧初原小学校

開場時間  9:30-16:30(会期中無休)

住所 茨城県久慈郡大子町大字初原960 

https://kenpoku-art.jp/venues/22/

 

⑵奥久慈茶の里公園

開場時間  9:00-17:00 (※休園日:水曜日)

住所 茨城県久慈郡大子町大字左貫1920 

電話番号 0294−73−1234

https://kenpoku-art.jp/venues/32/

 

【出品者】   

東京藝術大学彫刻科

木戸 修、本郷芳哉、井原宏蕗、福迫大智、迎星二、朴 民洙、鈴木弦人、内藤早良、渡辺志桜里、松島勇祐、ムスタファアイクルト 

 

シラパコーン大学 彫刻科 

Jakapan Vilasineekul、Pichate Kiewprasirt、Sawanya Chanturasamai、 Kittipol Camtawee、Thanatcha Chairin、Aphinya Watheephakdee  

 

【展示作品詳細】

http://geidaichoukoku.com/?p=2522

 

木戸先生作品

 

 

 

公開制作「削ろうわらぼっち」  

 

大子町特有の稲わらの保存方法である「わらぼっち」を彫刻し、アート作品を公開制作しました。稲作の手法の移り変わりによって、先史から長い年月をかけ文化として培われてきた稲作を中心としたサイクルが、藁そのものの姿と共に姿を消しつつあります。日本と同じく米食の文化を持つタイにあるシラパコーン大学と共に、そこから見える両国や現代社会が包括する問題について考えつつ、新たな「わらぼっち」の姿を創り出しました。 

【公開制作日】 2016年9月17日(土)  

【展示会場】 袋田の滝カントリークラブ入口付近茨城県久慈郡大子町初原19-9付近)

【参加チーム】  

東京藝術大学 彫刻科・シラパコーン大学 彫刻科  

【制作協力】 小澤英俊氏・小澤松男氏 

 

わらぼっち

Copyright(C)2003-2017.Tokyo University of the Arts Department of Sculpture